ホーム > お知らせ一覧 > お知らせ

鹿島市主催「健康長寿のための介護予防料理教室」を開催しました!

鹿島市主催「健康長寿のための介護予防料理教室」を開催しました!

 

3月19日に鹿島市が主催する「健康長寿のための介護予防料理教室(全3回)」が鹿島市生涯学習センター エイブルにて行われました。鹿島市の依頼を受けて、ミズに在籍する2名の管理栄養士を講師として派遣し、認知症予防についての講話と調理実習を行いました。

 

現在、65歳以上の4人に1人が認知症と言われており、認知症になることは決して特別な事ではありません。「血管性認知症」は予防できる認知症であり、高血糖、糖尿病、脂質異常症などを治療することで予防や進行の抑制が可能です。

認知症予防のために摂りたい栄養素は、炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養をバランス良く摂ることに加え、神経のダメージを減らす作用のあるビタミンやポリフェノールを特に意識して摂ることが大切です。

調理実習では、認知症予防につながるレシピを実際に調理・試食いただきました。

 

【今回の調理メニュー】

・カレーマヨチキン・・・香辛料であるターメリックは、ポリフェノールの一種で、体内で代謝されると抗酸化作用を持つ物質へ変わります。

・餃子スープ・・・きのこ類は神経を保護する作用があると言われています。

・ひじきと豆サラダ・・・海藻類にはビタミン、ポリフェノールが豊富に含んでおり、抗酸化作用があると言われます。