ホーム > ミズ長崎の取り組み

ミズ長崎の取り組み

torikumi-mai

ミズ長崎では、処方せん電子カルテや最新の調剤システム、処方せん鑑査体制を整え、正確で迅速な調剤を実現しています。

また、処方内容、飲み合わせやアレルギーの鑑査等も二重三重に行っております。

お薬についてのご不明な点やご相談などは、じっくり丁寧に承ります。

待ち時間5分以内を目標。後発品を推奨、患者様のご負担軽減に努めます。

 

安全の確保

安全を第一に、二重、三重の最新の過誤防止システムを導入しています。
ミズ長崎では、調剤過誤防止のための「FINEシステム」や全自動錠剤分包機を導入。絶対にあってはならないミスを薬剤師の高い意識のみならず、機器によるサポートで防止しています。さらにオンライン電子データーを活用し、全ての患者様のデータベースをもとに、副作用やアレルギーの防止、薬の飲み合わせによる相互作用を最小限に防ぐなど、地域や患者様の信頼や安心感を支える薬局づくりに全力で取り組んでいます。これらの機械化は、業務の効率化にも繋がっており、薬剤師の仕事も、調剤から臨床薬学知識の提供・提案へとそのウエイトのシフトをはかっています。

調剤鑑査支援システム

調剤鑑査支援システム
(FINEシステム)

全自動錠剤分包機

全自動錠剤分包機
(Xana)

PTP自動払い出し機

PTP自動調剤棚
(MILLE)

 

 

薬物治療の効果向上への取り組み

抗がん剤や疾患別のハイレベルな勉強会を開催し、薬剤師の知識向上を務めております。
また、定期的に医療機関の他職種との情報交換や様々なテーマについて話し合っています。

 

快適な薬局空間の提供

投薬の前に患者様からのご要望や体調のご様子などをコンシェルジュが常駐しお伺いします。また、お薬をお待ちの時間はお茶のおもてなしやハンドマッサージなどのご要望に応じて行っております。コンシェルジュは研修を受けたスタッフが対応しお一人おひとりに合わせた心こもったおもてなしを行います。

写真