ホーム > 溝上薬局TOP > おくすり手帳の活用

おくすり手帳の活用

main-tecyo

おくすり手帳は、現在使用しているお薬や過去に使用したお薬の記録はもちろん、アレルギーやお薬の重複を防ぐことができます。
おくすり手帳をお持ちでない方は、薬局の薬剤師・スタッフにお気軽にお申しつけください。

 

おくすり手帳のつかいかた

医療機関にかかるときは必ず持っていきましょう

複数の病院や異なる診療科にかかっていても、お薬の重複を避けることができます。また「飲み合わせの悪いお薬」を処方されることを避けることができます。

 

先生にお伝えしたいことや、相談したいことを書いておきましょう

体に合わないお薬があれば、手帳に書いておきましょう。
その後、同じようなお薬が処方されてしまう危険性がなくなります。

 

一般医薬品・健康食品も記録しましょう

お薬の使用状況が明らかになり、医師・歯科医師・薬剤師の参考となり、よりよい処方が行えます。

 

いつも携帯・いつも同じ場所に保管しましょう

具合が悪くなったときや、旅行や災害時に自分の情報を正確に伝えることができます。

 

一冊にまとめましょう

お薬の名前、飲む量、いつ何回服用するかなどお薬の記録として残り、どのお薬をどのくらい服用されているかわかります。